2.制度融資とは

制度融資とは、「都道府県や市区町村などの地方自治体」と「信用保証協会」、「銀行などの金融機関」の三つの機関が協力して行う、創業間もない中小企業や個人事業者をサポートするための融資制度です。

各都道府県や市区町村などの自治体が、銀行などの金融機関に貸付用の資金を預け、銀行は、信用保証協会が融資先の保証をすることで、金融機関は融資を実行します。

信用保証協会とは、保証人を見つけることが困難な創業間もない中小企業や個人事業者が銀行などの金融機関から事業資金の融資を受ける際、その保証をすることで借入を容易にし、創業間もない中小企業や個人事業者を資金面から支援する公的機関です。
制度融資を受けるためには、この信用保証協会の保証を得ることが重要なポイントになります。

制度融資は、各自治体に応じて様々なものがあり、その内容や利用条件もそれぞれ異なります。

信用保証協会についての詳細につきましては、下記ホームページにてご確認ください。