HOME‎ > ‎トピックス‎ > ‎

アナログゲームを体験してみませんか?

アナログゲームをご存知ですか?
アナログゲームというと一般的にはトランプやUNO、麻雀、オセロ、チェスなどを思い浮かべるかと思います。
しかし、ここで紹介したいアナログゲームはこれら一般的なものではありません。

アナログゲームは日本を含め世界中から毎年のように新しいゲームが開発されており、その数は数百種類はあるかと思います。
そして、このアナログゲームには単なる娯楽として片づけるにはもったいないと思えるほど、いろいろな要素が含まれています。

たとえば、
場の空気を読むことが求められるもの、
ゲーム参加者が協力しなければクリアできないもの、
対戦相手の心理を読むことが求められるもの、
瞬間的な判断が求められるもの、
アドリブ的な思考が求められるもの、など

また、楽しめる年齢層も幅広く、ゲームの種類に応じて、下は3歳から高齢者まで参加することができ、いわゆる知育や認知症予防にも活用できるものがあります。
ある企業では、社員教育の一環にこのアナログゲームを取り入れているところもあります。

このようなアナログゲームを、私はとても魅力あるツールであると考えております。
たとえば、
職場の人間関係の改善にどうですか?
社員教育の一環にどうですか?
高齢者の認知症予防にどうですか?
初対面同士の交流(婚活パーティーや異業種交流会など)を深めるのにどうですか?
お子様の知育にどうですか?
など

私は、あらゆる場でこの魅力あるツールを取り入れてもらいたいと考えており、様々な環境や企画、ニーズに適したゲームを選択させていただきます。
ご興味のある方には、まずはいくつかゲームを体験していただき、その活用方法をご提案させていただきたいと思います。
ぜひお気軽にご相談ください。